スギ花粉症ではなくて急性副鼻腔炎

昨日のブログで「風邪ではなくてスギ花粉症」という病態をご説明したのですが、逆パターンもありますのでご紹介です。

例年スギ花粉症を発症する方で、今年もここ数日、鼻水が出て鼻が詰まり頭痛もしてきた、という例なのですが、鼻の中を覗いてみますと、黄色っぽいネバネバの鼻水(膿性鼻汁)が多量に存在しています。顔面レントゲンを撮影しますと、顔の骨の中にある空洞(副鼻腔)に強い影を認めます。

鼻からノドにかけて鼻水の流れ込みがあり、下咽頭(食道と口とのつなぎ目)には黄色い痰のような膿汁が溜まっています。。。。後鼻漏といって鼻から流れ込んだものがたまったものです。

これは副鼻腔炎の典型的なパターンです。
この例では局所処置(鼻の中の清掃、ネブライザー療法)、感染症に対する化学療法(抗菌剤内服)が必要となります。

花粉飛散時期は、鼻症状があるとすぐにスギ花粉症と考えがちですが、異なる病態も多数ありますので、やはり鼻やノドをしっかり診察することが大事です。


“スギ花粉症ではなくて急性副鼻腔炎” への2件のフィードバック

  1. こ×× より:

    こんにちは。2度目のコメントになります。1000単位のキリ番は、大体何ヶ月に一度出ますか?いつも期待して診察を受けています…

  2. BB より:

    コメントありがとうございます。

    申し訳ございません。「キリ番」は診察券番号を用いておりますので、「初めて来院された方」が対象となります。

    「のべ来院回数」は対象となりません。

    一度来院されますと、その診察券番号をずっとお使いいただくことになりますので、キリ番をゲットすることはできません。

    以上ご了承下さいませ。

    また今後ともよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


最新の記事
カテゴリ
月別アーカイブ

診療予約システム

PC・お電話でのご予約 携帯でのご予約 QRコードに対応している携帯で読み取ると、診療予約システムをご利用頂けます。

INFORMATION

南さつま市から鹿児島市までカバーする耳鼻咽喉科、ふくいわ耳鼻咽喉科クリニックのホームページです。
耳鼻咽喉科・頭頸部外科・気管食道外科・アレルギー科・小児耳鼻咽喉科の診療を行っています。また、アレルギー専門医、がん治療認定医を取得しています。

医療法人エターナル
ふくいわ耳鼻咽喉科クリニック

〒897-0006
鹿児島県南さつま市加世田本町22-5
TEL:0993-53-3387

ページの先頭へ

今すぐ予約する