オリンパスのフィッシュアイコンバーター

当院の業務で使用しているデジカメはSONYのDSC-RX100M2です。昨年あった高校の同窓会で、写真部OBの同級生に勧められて購入したのですが、小さいくせに超高精細画像を撮影できるのでとても重宝しています。それまで使用していたデジタル一眼レフのEOS kiss X4をあまり使わなくなりました。

ただ最近、業務の中でマクロ接写、広角撮影等をしたいことがあり、いくつか候補を探していたのですが、あるきっかけで見つけたデジカメを追加購入してみました。

オリンパスのSTYLUS TG-2 Tough、そして専用フィッシュアイコンバーター、いわゆる魚眼レンズです。さっそく画角の違いを比較するため診療終了後の診察室を利用して撮影してみました。

DSC02218
DSC-RX100M2による撮影。

撮影した4月28日は連休前の最終診察日ということで、ふくいわ耳鼻咽喉科クリニックの外来は混雑を極めました。。。花粉症シーズンと同じく200名以上の来院があり、午前診療が終わったのが午後3時半、そのまま午後診療へ突入し、診察が終了したのは午後9時、さらに業務終了は午後11時でした。。。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
STYLUS TG-2&フィッシュアイコンバーターによる撮影。

同じ場所からの撮影ですが、やはりフィッシュアイコンバーターは強烈ですね。。。かなりの広角で撮影できます。

続いて、さらに近接した位置からの画角比較です。

DSC02201
DSC-RX100M2による撮影。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
STYLUS TG-2&フィッシュアイコンバーターでの撮影。

こちらの方がより魚眼レンズっぽいです。

診察室以外もSTYLUS TG-2にて撮影してみました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
頸部エコー&平衡機能検査室。

新たに導入した「ビデオ式眼振計測装置VOG(ゼロシーセブン社)」もここに設置してあります。めまいを訴える患者さんの検査を行う装置で、眼球の動きを記録して自動解析し、電気眼振図というグラフを作成します。このグラフを用いてめまいの原因を分析します。

そして右下方に映っている三角の板は「重心動揺計GP-31(アニマ社)」です。めまいの原因が脳から来ているのか、内耳から来ているのかを解析します。

続いてあと1か所。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
内視鏡室。

 電子内視鏡装置のほかに、呼吸機能検査装置、心電図モニターなども設置してあります。緊急時にはストレッチャーがこの部屋へ搬入されて内視鏡などを行います。

思っていた以上に使えそうなフィッシュアイコンバーター、診療でどう生かすか、いろいろとアイデアが出てきました!

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


最新の記事
カテゴリ
月別アーカイブ

診療予約システム

PC・お電話でのご予約 携帯でのご予約 QRコードに対応している携帯で読み取ると、診療予約システムをご利用頂けます。

INFORMATION

南さつま市から鹿児島市までカバーする耳鼻咽喉科、ふくいわ耳鼻咽喉科クリニックのホームページです。
耳鼻咽喉科・頭頸部外科・気管食道外科・アレルギー科・小児耳鼻咽喉科の診療を行っています。また、アレルギー専門医、がん治療認定医を取得しています。

医療法人エターナル
ふくいわ耳鼻咽喉科クリニック

〒897-0006
鹿児島県南さつま市加世田本町22-5
TEL:0993-53-3387

ページの先頭へ

今すぐ予約する