第8回日本耳鼻咽喉科感染症・エアロゾル学会学術集会の教育講演にて当院の取り組みを御紹介頂きました

当院のネブライザー療法への取り組みを、第8回日本耳鼻咽喉科感染症・エアロゾル学会学術集会(昭和大学主催)の教育講演にて御紹介頂きました。 鹿児島大学名誉教授の黒野祐一教授が座長を務められた教育講演「ネブライザー療法の安全性と感染対策ー新型コロナウイルスへの対応に学ぶ」では、耳鼻咽喉科診療で重要なネブライザー療法(お鼻のモクモク治療)を行う上で大切な感染対策が示されました。 そして適切な感染対策を行っていれば、コロナ禍にあっても安全に治療を行えることが明らかとなりました。 続いて実際の診療所における対策事例として、当院での治療法と感染対策を下記の如く御引用頂きました。 ①隣接する患者同士を壁で物理的に隔てる個別化ブース ②空気中に漂う余剰ガスを吸い込みエアロゾル感染を防止する排気ダクト(ブースの正面にある排気口) ③逆流防止アダプターによる感染対策 ④徹底した機器消毒手順 これら感染対策の一部は、2010年の日本医用エアロゾル研究会シンポジウムにて当院院長が発表したものですが、コロナ禍により新たに導入したものも含まれます。 当院のネブライザー療法への取り組みが御評価頂けたものと考え、大変光栄であると共に、耳鼻咽喉科医としてさらなる安全性を求めて日々努力すべきと考え、身が引き締まる思いです。 これからも鹿児島県の耳鼻咽喉科診療へ少しでも貢献できるように、誠心誠意邁進していきたいと思います。 この度の教育講演にて当院を御引用頂いた黒野祐一先生に心から感謝申し上げます。

当院のネブライザー療法への取り組みを、第8回日本耳鼻咽喉科感染症・エアロゾル学会学術集会(昭和大学主催)の教育講演にて御紹介頂きました。

鹿児島大学名誉教授の黒野祐一教授が座長を務められた教育講演「ネブライザー療法の安全性と感染対策ー新型コロナウイルスへの対応に学ぶ」では、耳鼻咽喉科診療で重要なネブライザー療法(お鼻のモクモク治療)を行う上で大切な感染対策が示されました。

そして適切な感染対策を行っていれば、コロナ禍にあっても安全に治療を行えることが明らかとなりました。

続いて実際の診療所における対策事例として、当院での治療法と感染対策を下記の如く御引用頂きました。

①隣接する患者同士を壁で物理的に隔てる個別化ブース
②空気中に漂う余剰ガスを吸い込みエアロゾル感染を防止する排気ダクト(ブースの正面にある排気口)
③逆流防止アダプターによる感染対策
④徹底した機器消毒手順

これら感染対策の一部は、2010年の日本医用エアロゾル研究会シンポジウムにて当院院長が発表したものですが、コロナ禍により新たに導入したものも含まれます。

当院のネブライザー療法への取り組みが御評価頂けたものと考え、大変光栄であると共に、耳鼻咽喉科医としてさらなる安全性を求めて日々努力すべきと考え、身が引き締まる思いです。

これからも鹿児島県の耳鼻咽喉科診療へ少しでも貢献できるように、誠心誠意邁進していきたいと思います。

この度の教育講演にて当院を御引用頂いた黒野祐一先生に心から感謝申し上げます。

Instagramでも是非ご覧ください。
下記リンクをクリック。
Instagramサイト
YouTubeチャンネル
facebookページ
Twitterサイト

 

【ハッシュタグ】
日本耳鼻咽喉科感染症エアロゾル学会 教育講演 昭和大学 上條記念館 エアロゾル ネブライザー ネブライザー療法 耳鼻咽喉科 新型コロナウイルス コロナ禍 コロナ対策 感染対策 鹿児島 南さつま市 個別化ネブライザー 排気ダクトシステム 東条設計 逆流防止アダプター 一眼レフ Eos90d

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


最新の記事
カテゴリ
月別アーカイブ

診療予約システム

PC・お電話でのご予約 携帯でのご予約 QRコードに対応している携帯で読み取ると、診療予約システムをご利用頂けます。

INFORMATION

南さつま市から鹿児島市までカバーする耳鼻咽喉科、ふくいわ耳鼻咽喉科クリニックのホームページです。
耳鼻咽喉科・頭頸部外科・気管食道外科・アレルギー科・小児耳鼻咽喉科の診療を行っています。また、アレルギー専門医、がん治療認定医を取得しています。

医療法人エターナル
ふくいわ耳鼻咽喉科クリニック

〒897-0006
鹿児島県南さつま市加世田本町22-5
TEL:0993-53-3387

友だち追加
ページの先頭へ

今すぐ予約する