呼吸機能検査装置を導入

ふくいわ耳鼻咽喉科クリニックでは、呼吸機能検査装置としてスパイロメータSP-350COPDを導入しました。
長く続くセキや痰が続くような患者さんでは、その原因がたくさんあります。

ノド(喉頭)に異常がある場合、鼻の病気があって鼻水が流れ込む場合(後鼻漏)、胃液がノドに逆流してくる場合(逆流性食道炎)、そして気管支や肺の病気が隠れている場合などです。

このように「慢性のセキ」の原因を突き止めるには、耳鼻咽喉科領域の精査と呼吸器領域の精査、さらに消化器領域の精査まで必要となります。

これらの原因を調べるために呼吸機能検査は非常に有用です。簡単な検査で肺の状態を調べることができて、近年増加傾向にある慢性閉塞性肺疾患(COPD)などのスクリーニングを行うことが出来ます。また肺年齢も表示されるので、説明にも役立ちます。

sp_350.jpg

呼吸器領域の初期診断を行うことで、耳鼻咽喉科での治療が適応となるのか、呼吸器専門医へ紹介する必要があるのかが判断可能となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


最新の記事
カテゴリ
月別アーカイブ

診療予約システム

PC・お電話でのご予約 携帯でのご予約 QRコードに対応している携帯で読み取ると、診療予約システムをご利用頂けます。

INFORMATION

南さつま市から鹿児島市までカバーする耳鼻咽喉科、ふくいわ耳鼻咽喉科クリニックのホームページです。
耳鼻咽喉科・頭頸部外科・気管食道外科・アレルギー科・小児耳鼻咽喉科の診療を行っています。また、アレルギー専門医、がん治療認定医を取得しています。

医療法人エターナル
ふくいわ耳鼻咽喉科クリニック

〒897-0006
鹿児島県南さつま市加世田本町22-5
TEL:0993-53-3387

ページの先頭へ

今すぐ予約する