子供さんのいびきには要注意

子供のいびきには要注意。 「お子さん(特に赤ちゃん)がいびきをかく」と御相談頂くことがよくあります。 もちろん疲れた時にはいびきをかくことも多いのですが「たかがいびき」と片付けず、よく観察して下さい。 もしも息が止まる「無呼吸」があれば、しっかり調べた方が良いです。 いびきの原因としては主なものは下記の通りです。 ・風邪による鼻詰まり ・アレルギー性鼻炎(ホコリや花粉症など)での鼻詰まり ・アデノイドというリンパの腫れで鼻とノドのつなぎ目がふさがっている ・ノドの病気 ・肥満 これらを診断するためには、下記の検査から必要なものを選択して行います。 ・まず鼻やノドをしっかり診察 ・鼻水をとって細胞を調べる検査(鼻汁好酸球検査)でアレルギー性鼻炎の有無を調べる ・鼻水に含まれる細菌を分析して感染症を調べる ・採血して血液検査でアレルギーの原因(アレルゲン)を調べる ・電子内視鏡検査でアデノイドやノドの空気の通り道を調べる ・自宅でいびきを記録して解析する簡易モニター検査(乳幼児は適応外) ・首の超音波検査(エコー検査) ・鼻やノドのマルチスライスCT検査 電子内視鏡検査は赤ちゃんでも検査可能です 近隣の小児科医院からも数多く検査を御依頼頂いております。 痛くないようにお鼻に表面麻酔をかけて検査します。それでも赤ちゃんは泣いてしまいますが、小さな子供さんはこのようにお利口に検査できることが多いです 。。。写真の子はうちの娘ということもありますが(笑) 当院では「小児耳鼻咽喉科」を標榜しており、お子さんの「みみ・はな・のど」に関する専門的診療を行っております。 どうぞ御安心頂き御来院下さい

「お子さん(特に赤ちゃん)がいびきをかく」と御相談頂くことがよくあります。
もちろん疲れた時にはいびきをかくことも多いのですが「たかがいびき」と片付けず、よく観察して下さい。
もしも息が止まる「無呼吸」があれば、しっかり調べた方が良いです。

いびきの原因として主なものは下記の通りです。
・風邪による鼻詰まり
・アレルギー性鼻炎(ホコリや花粉症など)での鼻詰まり
・アデノイドというリンパの腫れで鼻とノドのつなぎ目がふさがっている
・ノドの病気
・肥満

これらを診断するためには、下記の検査から必要なものを選択して行います。
・まず鼻やノドをしっかり診察
・鼻水をとって細胞を調べる検査(鼻汁好酸球検査)でアレルギー性鼻炎の有無を調べる
・鼻水に含まれる細菌を分析して感染症を調べる
・採血して血液検査でアレルギーの原因(アレルゲン)を調べる
・電子内視鏡検査でアデノイドやノドの空気の通り道を調べる
・自宅でいびきを記録して解析する簡易モニター検査(乳幼児は適応外)
・首の超音波検査(エコー検査)
・鼻やノドのマルチスライスCT検査

電子内視鏡検査は赤ちゃんでも検査可能です
近隣の小児科医院からも数多く検査を御依頼頂いております。

痛くないようにお鼻に表面麻酔をかけて検査します。それでも赤ちゃんは泣いてしまいますが、小さな子供さんはこのようにお利口に検査できることが多いです
。。。写真の子はうちの娘ということもありますが(笑)

当院では「小児耳鼻咽喉科」を標榜しており、お子さんの「みみ・はな・のど」に関する専門的診療を行っております。
どうぞ御安心頂き御来院下さい

Instagramでも是非ご覧ください。
下記リンクをクリック。
Instagramサイト
YouTubeチャンネル
facebookページ
Twitterサイト

 

【ハッシュタグ】
いびき 無呼吸 子供 小児 赤ちゃん アデノイド アレルギー アレルギー性鼻炎 鼻炎 鼻水 内視鏡 CT エコー 小児耳鼻咽喉科 鹿児島 南さつま市 耳鼻科 耳鼻咽喉科

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


最新の記事
カテゴリ
月別アーカイブ

診療予約システム

PC・お電話でのご予約 携帯でのご予約 QRコードに対応している携帯で読み取ると、診療予約システムをご利用頂けます。

INFORMATION

南さつま市から鹿児島市までカバーする耳鼻咽喉科、ふくいわ耳鼻咽喉科クリニックのホームページです。
耳鼻咽喉科・頭頸部外科・気管食道外科・アレルギー科・小児耳鼻咽喉科の診療を行っています。また、アレルギー専門医、がん治療認定医を取得しています。

医療法人エターナル
ふくいわ耳鼻咽喉科クリニック

〒897-0006
鹿児島県南さつま市加世田本町22-5
TEL:0993-53-3387

友だち追加
ページの先頭へ

今すぐ予約する