ネブライザー治療を再開しました

ネブライザー治療を再開しました。 日本耳鼻咽喉科学会が作成している「耳鼻咽喉科診療における新型コロナウイス感染の対応ガイド(第3版、2020年5月25日改訂)」に従いまして、しばらく休止していたネブライザー療法(お鼻の治療、モクモク治療)を再開しました。 再開の根拠は下記の通りです。 (1)鹿児島県は新型コロナウイルス感染ローリスク地域に分類されたこと、(2)耳鼻咽喉科のネブライザー療法は「新型コロナウイルスの感染リスクを高める処置」から除外されたこと、(3)治療スペースは仕切られており機器台数を減らして間隔をあけていること、(4)余剰エアロゾル除去用の排気ダクトを各ブースに設置していること、(5)充分な消毒対策を行っていること。 特に余剰エアロゾル除去用の排気ダクトに関しては、エアロゾル感染のリスクをなくす目的に、2008年の新規開院時に設計段階から組み込んでいたシステムです。2010年の日本エアロゾル研究会シンポジウムでも発表した実績があり、普段からの感染対策が生かされたこととなります。 院内感染対策を徹底しながら、耳鼻咽喉科の治療に不可欠なネブライザー療法を再開することで、専門的治療の水準を元のレベルに戻していきます。

日本耳鼻咽喉科学会が作成している「耳鼻咽喉科診療における新型コロナウイス感染の対応ガイド(第3版、2020年5月25日改訂)」に従いまして、しばらく休止していたネブライザー療法(お鼻の治療、モクモク治療)を5月25日から再開しました。

再開の根拠は下記の通りです。

(1)鹿児島県は新型コロナウイルス感染ローリスク地域に分類されたこと

(2)耳鼻咽喉科のネブライザー療法は「新型コロナウイルスの感染リスクを高める処置」から除外されたこと

(3)治療スペースは仕切られており機器台数を減らして間隔をあけていること

(4)余剰エアロゾル除去用の排気ダクトを各ブースに設置していること

(5)充分な消毒対策を行っていること

(6)当院を管轄する加世田保健所に直接問い合わせた結果、ネブライザー療法にかかわる院内感染対策が十分であり、治療の再開には問題なしと判断されたこと

特に余剰エアロゾル除去用の排気ダクトに関しては、エアロゾル感染のリスクをなくす目的に、2008年の新規開院時に設計段階から組み込んでいたシステムです。
2010年の日本エアロゾル研究会シンポジウムでも発表した実績があり、普段からの感染対策が生かされたこととなります。このシンポジウムに関しては、2010年の院長ブログにて詳細を報告しております。

院長ブログ「第34回日本医用エアロゾル研究会シンポジウム(1日目)」

院長ブログ「第34回日本医用エアロゾル研究会シンポジウム(2日目)」

院内感染対策を徹底しながら、耳鼻咽喉科の治療に不可欠なネブライザー療法を再開することで、専門的治療の水準を元のレベルに戻していきます。

Instagramでも是非ご覧ください。
下記リンクをクリック。
Instagramサイト
YouTubeチャンネル
facebookページ

 

【ハッシュタグ】
鹿児島 一眼レフ 排気ダクト エアロゾル 南さつま市 耳鼻咽喉科 ネブライザー療法 院内感染対策 ネブライザー 新型コロナウイルス

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


最新の記事
カテゴリ
月別アーカイブ

診療予約システム

PC・お電話でのご予約 携帯でのご予約 QRコードに対応している携帯で読み取ると、診療予約システムをご利用頂けます。

INFORMATION

南さつま市から鹿児島市までカバーする耳鼻咽喉科、ふくいわ耳鼻咽喉科クリニックのホームページです。
耳鼻咽喉科・頭頸部外科・気管食道外科・アレルギー科・小児耳鼻咽喉科の診療を行っています。また、アレルギー専門医、がん治療認定医を取得しています。

医療法人エターナル
ふくいわ耳鼻咽喉科クリニック

〒897-0006
鹿児島県南さつま市加世田本町22-5
TEL:0993-53-3387

友だち追加
ページの先頭へ

今すぐ予約する